弦楽器フェアで20年ぶりの再会

このエントリーをはてなブックマークに追加

九段下にある科学技術館で毎年行われる弦楽器展示会。今年も行ってきました。
そして、私の教員時代初期の教え子くんが41歳になり立派な弦楽器制作職人としてイタリアのクレモナでアトリエを持って活躍し、今回、このフェアに出展していました。20年ぶりの再会です。
彼の素晴らしいヴァイオリンとヴィオラも演奏させてもらい、ほかの多くの楽器も実際に弾いて音色や価格を確かめてきました。生徒さんに楽器を選定する仕事をしている私にとって、世界中の弦楽器製作者の最新作を製作者の説明を聞きながら弾くことができるのはとても貴重な経験であり、同時に価格調査でもあります。手頃な価格で良質な楽器も今後入所できるかも?という出会いもありました。
takahasi03s

fair02s

fair01s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)